HOME > JASCATとは > 設立趣旨

JASCATとは


設立趣旨

スポーツに関して、大きく二つの流れがあります。それは、スポーツを楽しみそしてこれを極める流れと病気にならない健康なからだをつくるためにスポーツを行うことです。いずれの場合でも、これを指導するトレーナーの存在無しでは、良い効果が期待できません。しかし、現実問題として、スポーツ専門のコーチ及びトレーナーは不足しています。

そこで、プロ野球トレーナー、アスレチックトレーナー、元プロ野球選手、アスリート有志が集まり、スポーツ人口の低年齢化、高齢化に対応して、あらゆるスポーツを行う人々に対して、正しいトレーニングのあり方を普及指導するボランティア活動を開始することにしました。

平成18年8月27日の宇治市山城運動公園球場で全日本軟式野球連盟登録チームに所属する学童・少年野球選手・保護者・指導者を対象に、肩・肘に負担をかけない投げ方、練習方法、試合での疲労を明日に持ち越さないためのクールダウン方法等の指導を皮切りにスタートしました。活動を通じて、指導の立場にあるスポーツコーチ、トレーナーの自己研鑚と技術向上を図るための教育訓練の必要性が高いことも自覚しました。そこで私達は、幅広い人材の確保とこれを組織化する必要性の高いことを認識しNPO法に基づく法人格を取得することとし、特定非営利活動法人日本スポーツコーチ&トレーナー協会を設立することといたしました。

私達は、NPO法人取得を契機に、多くのスポーツコーチ、トレーナーの育成を図り、正しいコーチング及びトレーニングを知らせるための活動を行い、これらスポーツコーチ、トレーナーを通じて、優秀選手の育成とスポーツ選手の発掘を行い、コーチ・トレーニングの重要性とコーチ・トレーナーの社会的認知向上を図ること、スポーツの素晴らしさを広く啓蒙すること、そして広く国民の健康増進に寄与することを目的に邁進します。


お問合せプライバシーポリシーリンク集サイトマップ